step by step

30代女性の妊活記録です。

ブライダルフェアに参加

両親の顔合わせで帰省した翌日、初めてのブライダルフェアに行ってきました。

そこはステンドグラスがとても綺麗なことで地元では人気の教会で、以前、彼とその教会に一緒に行って、たまたまそこでやってた結婚式を見て、あまりの素敵さに「私もここでやりたい!」となったという思い入れのある場所なのでした。

当時はもちろん結婚の話などは出てませんでしたが...。

 

そんなわけで、結婚が決まったときから、すでに私の心はここに決まっており。

彼はあまり式に乗り気でなかったので、なんとかこのブライダルフェアに連れていくことができれば、具体的に自分たちの式がイメージしやすくなって、少し前向きになってくれるかな、というのが狙いでした。

 

ブライダルフェアは初めてだったけど、模擬挙式、パーティー会場見学、フルコースの試食、ウェディングドレス試着にプランナーさんへの相談会などなど、盛りだくさんの内容で、本当に行ってよかった!

いくつかある会場の中から、自分たちならどこがいいかなというのを話し合えたし、お料理は最高に美味しかったし、なんといっても、ウェディングドレス。

初めての試着だったんだけど、本当に種類がたくさんあって選べない。

スタッフの方に相談しつつ、彼の意見も聞きつつ、Aラインのオーソドックスなものにしてみる。

ドレスを着た後に、髪をまとめてもらって、ティアラやネックレス、グローブなどの小物を身につけて、最後にベール。

ひとつひとつのアイテムによりどんどんパワーアップしていって、フル装備になったときは、つい「お嫁さんぽい!!!」と口にしてしまった。

彼もめっちゃ嬉しそうにいろんな角度から写真をたくさん撮ってくれて。

いやー、いいですね。ウェディングドレス。女の子の憧れです。

彼にもとても好評だったので、実際の衣装決めもとても楽しめそうです。

それまでにもうちょっとダイエットしておこう...。

 

ほぼ1日使って体験したブライダルフェア、とっても楽しかったので、結婚が決まる前のカップルにもいいかもと思いました。

なかなか結婚を決心してくれない彼を連れて行ったら、効果ありそう。

式に気乗りしてなかった私の彼も、フェアの後は、日取りやパーティーのスタイルなんかについても色々考えてくれて、ずいぶん前のめりになってくれました。

おかげでとんとんと日取りも決まって、仮契約もできました。

 

私たちは家族だけでこぢんまりやることに決めているので、家族に感謝の気持ちが伝わるパーティーにしなくては。

家族だけだと、招待状やら、参加者リストやらも作らなくてよいので、だいぶ式の準備としては楽に進められそうです。